BODY MOTION        TEL: 080-6804-3955
東急田園都市線 世田谷 池尻大橋 三軒茶屋
住所:〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-26-1

【体コラム】vol.11~秋に向けて…、体の準備はOKですか?~


※このコラムは、以前メールマガジンでお伝えしたものを、バックナンバーとして
転載しております。

これまでの「体コラム」の一覧は、こちらをご覧ください。


こんにちは。

BODY MOTION 主宰の和美です。

8月も終わりに近づき、少し、暑さも和らいできました。

「そろそろ外に出てみようかな。」

と外出の機会が増えた方もいらっしゃるかもしれません。


さて、その時、

自分がどんな姿で歩いているか、じっくりと観察したことはありますでしょうか?



◆・・・・・

 たまには、自分の「歩き姿」を眺めてみましょう。

◆・・・・・


無意識で歩くと、つい、


・首を前に突き出したり

・歩幅が狭くなったり

・猫背になったり



…まだ暑い最中ですから、そのようになってしまうのも、仕方がないですよね。


ただ、このような姿勢や動きがずっと続いていると、もしかしたら、体本来の

「のびやかさ」が失われているかもしれません。


◆・・・・・

体が、「のびやかさ」を失うと、、、、

◆・・・・・

体が「のびやかさ」を失うとは、体の中の筋肉がかたく強張って、動きを妨げること。



もし、そのような状態が長いこと続くと、


・体の動き全体が小さくなって、代謝が落ち、、、(→太りやすくなる?!)

・関節の動きが悪くなることで、筋肉量が減り、、、(→太りやすくなる?!)

・場合によっては、偏ってかたまった筋肉・関節に「痛み」や「コリ」が出ることも、、、



このままでは、将来の「関節痛」や「メタボ」予備軍にも、なり兼ねません。



ーでも、ご安心ください♪


体の筋肉は、かたく縮こまっていても、伸ばしてあげれば回復可能です。


また、体の骨格にそったストレッチをすることで、「ストレッチをしながら体を整える」

ことが出来、以前よりも【もっと、健康で美しい体】にバージョンアップすることができます。


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本日は、ストレッチしながら【脚のバランスも改善】する、

“もも裏”ストレッチをご紹介致します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


このストレッチは、小学校の体育の時間などで、皆様一度は経験したであろう、「定番」の

ストレッチです。


これを、BODY MOTION的に、体のタイプに合わせた「ポイント」を押さえることで、「効く!」

そして「整う」ストレッチとしてご体感いただければと思います。


これから来る秋に備えて、是非、体の準備を整えてくださね。




☆このエクササイズのポイント☆

1.「骨盤を立てて」座る

2.「爪先をまっすぐに」する

3.「ひざ裏をのびのび」伸ばす


(それでは、やってみましょう!)



■エクササイズ紹介: お家で出来る、定番ストレッチ♪
【脚のラインを整える】“もも裏”ストレッチ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【準備するもの】厚手のクッション(または、バスタオル)
※特に「体がかたい」と感じている方は、ご準備ください。


1)床に座ってクッションをお尻の下に入れて、【骨盤を立て】ます。


2)左ひざを外に折り曲げて(あぐらの姿勢)、右脚を斜め前に伸ばします。

★この時、右脚を開きすぎないように注意してください。


3)そのまま、息を吸って吐きながら、【おヘソを凹ませ】て、上体を右脚の方に
倒します。

★この時、右脚の【爪先がまっすぐ】で、【膝が伸びる】ように意識してください。

4)息を吸いながら、状態を元に戻します。

⇒同様に、反対の脚もやってみましょう。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

→→「お疲れ様でした!!」

≪タイプ別ポイント≫

定番のストレッチも、意識次第で「効く!」ストレッチに早変わりします。


「どうしても効いている感じがしない…。」という方は、

以下、代表的な2タイプとその対策も、参考になさってみてください。


◇タイプ1:(上体を倒すと)爪先が外を向いてしまう。

腿の外側に筋肉がついて、O脚気味になっていませんか?

⇒一度上体を起こして、脚の根本から内回しして、上体を倒しましょう。
「腿の内側が伸びる」のを感じたら、バッチリです!
かたく、縮こまっている内ももの筋肉を、「のびのび」ストレッチして、
脚の筋肉のバランスを改善しましょう。


◇タイプ2:膝がなかなか伸びない。

膝を上から「押し付けよう」としていませんか?

⇒そのような方法では、筋肉を余計に、かたく強張らせてしまいます。
【膝の裏を(かかとに向かって)アイロン掛けする】ようなイメージで、じんわり、
優しく筋肉を伸ばしましょう。


→→→いかがでしたでしょうか?


このエクササイズで、もも裏が上手にストレッチされると…


☆脚の形が綺麗になる♪
☆歩くのが楽になる♪
☆ヒップアップに繋がる♪


秋に「颯爽と歩く」自分の姿を思い浮かべて、是非、チャレンジしてみてください。
—————————————————————————–

もし、このエクササイズが「よく分からない。」「上手くできなかった。」と
いう方は、お気軽にご相談ください。
http://body-motion.net/contact/

※【体コラム】先月のバックナンバーはこちらをご覧ください。
⇒⇒http://body-motion.net/body-column/


■最後までお付き合いをいただき、ありがとうございました。

(BODY MOTION メルマガ2014.08.24号より)

コメントは受け付けていません。