BODY MOTION        TEL: 080-6804-3955
東急田園都市線 世田谷 池尻大橋 三軒茶屋
住所:〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-26-1

【体コラム】vol.13~秋の気圧変化と寒暖差に、要注意!~


※このコラムは、以前メールマガジンでお伝えしたものを、バックナンバーとして
転載しております。

これまでの「体コラム」の一覧は、こちらをご覧ください。

こんにちは。

BODY MOTION 主宰の和美です。

今月は、大きな台風が2回も上陸しましたね。

台風の影響で、お子さまの学校がお休みになったり、急な予定変更を余儀なくされたという

方も、いらっしゃったかもしれません。


秋は、台風による気圧の変化や朝晩の寒暖差、前日との気温差など、気象がめまぐるしく

変化する季節です。

そして、私たちの体は知らず知らずのうちに、この気象の変化に影響を受けています。

◆・・・・・

気象と体の関係。

◆・・・・・

例えば、雨の日は、低気圧の通過により、気圧が下がります。

すると、その影響で体内の水分環境が悪くなり、体にむくみを生じたり、古傷が痛んだり、

更には脳の血管が膨張をして脳の神経を刺激し、頭痛になったり、、、と、様々な影響が

体に出ることがあります。


このように、私たちは、日々、気象の影響を受けて生活しているわけですが…。

気温、気圧の変化は残念ながら、私たちの力では、どうすることもできません。


◆・・・・・

気象を、体の味方につけるために

◆・・・・・

では、気象が変えられないのなら、体の方で、私たちにできることは、何でしょう?


・寒暖差に備えて、重ね着をする。

・体が冷えないように、温かい飲み物を飲む。

・体力をつけるために運動をする。


など、生活の中のちょっとした工夫で、私たちは体の不調に備えることができます。


ただ、この時季運動をするにも、外出できる時間は外が寒かったり、運動を始めるにも、

なかなか最初の一歩を踏み出すのが難しいという方も、いらっしゃるかもしれません。



そこで!

本日は、気象の変化に左右されずに、秋を楽しむための「はじめの一歩」を踏み出す

ために、体のスイッチを「オン」にするエクササイズをご紹介致します。


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本日は、脚と骨盤を整えて、冷え性対策ができる♪

 【体を中から温める】“ショルダーブリッジ”エクササイズです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

骨盤を正しい位置に整えることは、骨盤内のコアの筋肉を鍛え、ダイエットや

姿勢改善にも効果的です。

じっくり行うと体の隅々まで「効く!」エクササイズですので、焦らず、自分のペースで

やってみてくださいね。


このエクササイズでは、こんな効果が期待できます♪


1)骨盤を整える⇒ ダイエット、冷え性改善に!

2)背骨を一本ずつ動かす⇒ 体を中から温める!



(それでは、やってみましょう!)



■ 骨盤を整えて、冷え性対策♪
 【体を中から温める】“ショルダーブリッジ”エクササイズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【準備】
クッションまたは、バスタオルを準備してください。

1)仰向けで寝て両膝の間にクッションを挟み、膝を90度に折って立てます。

2)息を吐きながら、“お腹に力を入れて”クッションを軽く押しつぶします。(×2呼吸)
※膝の力だけで強く押しつぶさないように、注意してください。

3) 今度は、2)と同様にクッションを押しつぶしたまま、お尻を浮かせます。

※膝で、クッションを前に差し出すイメージで、尾てい骨から背骨を一本ずつ浮かせて
いきましょう。
(頭と肩甲骨、足の裏で体を支えるブリッジ姿勢になります。)

4) 3)の姿勢で息を吸って、吐きながら背骨を上から一本ずつ床に下ろします。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

→→「お疲れ様でした!!」

いかがでしたでしょうか?

このエクササイズは実は、「自分の体のクセ」に気づくエクササイズでもあります。


体のタイプ(クセ)別に、動きの注意点を補足致しますので、改善の参考になさって
くださいね。


タイプA 【脚(足)が゛つる”】
もしかしたら、お腹や背中の力を使わずに、脚だけに頼って体を持ち上げているの
かもしれません…。
⇒お腹に力を入れて、クッションをしっかり挟んでみてください。

タイプB 【腰が痛い】
もしかしたら背中(腰)が反った状態で体を持ち上げているのかもしれません…。
⇒息を吐いて胸をリラックスして、背骨が長く伸びるイメージを持ちましょう。

タイプC 【前の腿がパンパンに張る】
もしかしたら、お尻に力を入れ過ぎているのかもしれません。
⇒一度、体をブルブルと揺らしてお尻の力を抜き、足の裏で床を押してみましょう。

最後に、、、、。

このエクササイズのポイントのおさらいです。


☆クッションを挟んだままで動く。

☆背骨を1本ずつ意識する。

——————————————————————————-

体への気づきは、新しい【進化】のチャンスです。

体の痛みの奥にある体の声に耳を傾けて、新しい自分に出会えますように!

————————–

*BODY MOTIONでは「体コラム」と「和美ごはん」をメールマガジンにて配信しております。
(月2回)ご購読をご希望の方は、こちらからどうぞ。
http://body-motion.net/mail_mag-2


※【体コラム】先月のバックナンバーはこちらをご覧ください。
⇒⇒http://body-motion.net/body-column/


■最後までお付き合いをいただき、ありがとうございました。

(BODY MOTION メルマガ2014.10.24号より)

コメントは受け付けていません。