BODY MOTION        TEL: 080-6804-3955
東急田園都市線 世田谷 池尻大橋 三軒茶屋
住所:〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-26-1

【体コラム】vol.16~部分痩せは可能なの??~


※このコラムは、以前メールマガジンでお伝えしたものを、バックナンバーとして
転載しております。

これまでの「体コラム」の一覧は、こちらをご覧ください。


こんにちは。

BODY MOTION 主宰の和美です。

1月も後半になり、そろそろお正月休みモードから、通常のリズムに体が

慣れてきた頃でしょうか。

さて、体の「慣れ」とは恐ろしもので、体のある部分を使わないことに慣れて

しまうと、いつの間にか体は「その部分を使わない動き」に慣れていきます。

すると、体から発信される

「ここ、使っていないよー。」

というメッセージとして現れるのが、なかなか落ちない体のお肉です。

◆・・・・・

部分痩せって、可能なの??

◆・・・・・

では、部分的についてしまった体のお肉を落とす、いわゆる「部分痩せ」は

可能なのでしょうか?


BODY MOTIONでは、「部分痩せは可能」と考えています。

しかし、そのアプローチは、「落ちない脂肪を筋肉に変える」とか「部分的に

脂肪を燃焼させる」というものではありません。

◆・・・・・

BODY MOTION的な、「部分痩せ」とは?

◆・・・・・

こちらで行っている「部分痩せ」とは、

「落ちない脂肪の下にあるインナーマッスルを使えるようにすること」。


つまり、「全身が動かしやすい状態」にすることで、自然と体の筋バランスが

整い、結果的に部分痩せが起こるという考え方です。

インナーマッスルが使えるようになると、関節の可動域が広がります。

すると、
→体の動きが大きくなる
→筋肉をたくさん使う
→筋肉量が増える
→燃焼しやすくなる。

という変化が自然に起きるのです。

また、インナーマッスルが適切に働くようになると、骨が体本来の適切な位置に

配置されるようになります。

だから、辛い筋トレや、有酸素運動とは違うのに、ボディラインを整えることが

可能なのです。



さて、今日はそんな部分痩せにおすすめのエクササイズの中から、「二の腕」と

「腰周り」を刺激する、簡単エクササイズをご紹介致します。

立ったままでも座ったままでもOK。体の中の余計なお肉は、厚着をしている

冬のうちに、さっさと落としてしまいましょう!

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
エクササイズ紹介:憧れの「腰くびれ」をゲット!
  ついでに“二の腕”にも効く♪腰寄せEX
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

このエクササイズは、ウエストの横、後ろのお肉に焦点を当てて行います。

パンツの上にはみ出したお肉をギュッと押しつぶすイメージでやってみて

くださいね。

(それでは、やってみましょう!)



■ エクササイズ紹介:憧れの「腰くびれ」をゲット!
  ついでに“二の腕”にも効く♪腰寄せEX

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【準備】

立っても座ってもOKです。なるべく足が床に付く姿勢で、足を腰幅に開いて
ください。

1)手のひらを自分の方に向け、「気を付け」の姿勢で背筋を伸ばします。
※この時、手の小指を地面に向かってしっかり伸ばしましょう。

2)息を吸いながら、腕を斜め前に伸ばします。(手の平は下向き)
※小指を引っ張りながら遠くに伸ばしましょう。

3)息を吐きながら、背中に空気を寄せ集めるイメージで腕を下ろします。
※この時、背筋を伸ばしておへそを軽く凹ませると、腰くびれに効果的です。

☆ウエストの横、後ろのお肉を押しつぶすように意識しながら、2)-3)を
5回繰り返してみましょう!

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

→→「お疲れ様でした!!」



いかがでしたでしょうか?


このエクササイズは、手の角度を少し変えるだけで「効きどころ」が変わって

きます。

まずは、ご自分にとって一番心地よく「効く!(気持ちよい)」ところを

探してみてください。


【注意】くれぐれも、息を止めないように注意してくださいね♪


——————————————————————————-

*BODY MOTIONでは「体コラム」と「和美ごはん」をメールマガジンにて配信しております。
(月2回)ご購読をご希望の方は、こちらからどうぞ。
http://body-motion.net/mail_mag-2


※【体コラム】これまでのバックナンバーはこちらをご覧ください。
⇒⇒http://body-motion.net/body-column/


■最後までお付き合いをいただき、ありがとうございました。

(BODY MOTION メルマガ2015.1.26号より)

コメントは受け付けていません。