BODY MOTION        TEL: 080-6804-3955
東急田園都市線 世田谷 池尻大橋 三軒茶屋
住所:〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-26-1

【体コラム】vol.36~細くて長いレッグラインを作るには?【その1】~


※このコラムは、以前メールマガジンでお伝えしたものを、バックナンバーとして
転載しております。

これまでの「体コラム」の一覧は、こちらをご覧ください。

こんにちは。

BODY MOTION 主宰の和美です。

今年は夏の終わりを楽しむ間もなく、なんとなく台風と共に秋に移行していますね。

そろそろ、お洋服も半袖から長袖へ、スカートからパンツスタイルへと変わっている

方もいらっしゃる頃ではないでしょうか?

◆・・・・・

パンツスタイルだったら、脚を隠せる?

◆・・・・・

さて、スカートよりも膝や足首を隠せるパンツスタイルは、気になる下半身を

隠せるので、ちょっとホッとできるもの。しかも、最近では「エフォートレス」な

お洋服が流行りですので、ゆったりとしたパンツスタイルで今年は安心…と感じて

いる方も、いらっしゃるかもしれません。

◆・・・・・

大切なのは、“レッグライン”。

◆・・・・・

でも、ちょっと想像してみてください。

同じゆったりとしたパンツスタイルをしている方でも、

1)「ボテッ」として見えるひと

2)「スラッ」として見えるひと

違いがあるのは、なぜなのでしょう?


それは、体重の問題でしょうか?

体格の問題でしょうか?

もちろん、それも影響はあるでしょうが、脚の美しさを決めるのは、


“レッグライン”


です。


体の“ライン”を作るのは、体の骨と骨とつなぐ、体の奥深くにある


「インナーマッスル」。



インナーマッスルを細く長く整え、のびのびと使いきることで、細くて長い

レッグラインが誕生するのです。



そこで!


本日は、細くて長いレッグラインを作るためのコンディショニングをご紹介

致します。年末に向けて、3部完結編でお届けいたします。

第1部の今回は、骨を正しい位置に置き、骨と骨を繋ぐインナーマッスルを

整えるエクササイズです。大きな動きをすることよりも、脚の中の筋肉を

じんわりと伸ばすことをイメージしてやってみてください。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

エクササイズ紹介:細くて長いレッグラインを作る
 【準備編】“脚のインナーマッスル引き伸ばしEX”

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

【準備:うつぶせに寝て、掌を下にして両手を重ねておでこの下に置きます】

■準備体操1:お腹の凹め体操
・(準備した姿勢で)おへそを思い切り凹ませます。
・そこから半分ほどお腹の力を緩めます。(A)

■準備体操1:肩のリラックス体操
・(Aのお腹凹のまま)息を吸って両肩を持ち上げ首をすくめ、息を吐いて肩を
下ろします。(B)
※リラックスして、肩甲骨が「V」の字に背中を流れ落ちるイメージ。


■脚のインナーマッスル引き伸ばしEX
1)(Bの姿勢のまま)両脚の外ももを軽く内側に回します。
※お尻が立体的になるイメージ。感覚がつかみ難い方は、足の小指を内側に
巻き込むようにします。

2) そのまま足の甲は床に付けたままで、右足の爪先を遠くに伸ばし、脚のもも、
膝を伸ばします。
※左右のお尻の位置がそろったままで行けるところまで!

3)左脚も2)と同様に行います。

※腰→内もも→膝→足の甲のラインがまっすぐに繋がり、細く長く伸びるよう
イメージします。

【チャレンジ】
4)脚のラインの繋がりを感じて2)3)が行えるようになった方は、脚を床から
5cmほど浮かせてみましょう!

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

→→「お疲れ様でした!!」

いかがでしたでしょうか?

今回は本当に、地味なエクササイズでしたね(笑)。

このようなエクササイズは、回数をたくさん行うよりも、体の繋がりを感じる

ようじっくりと行うことが大切です。

まずは、左右3回ずつを目安に行ってください。


≪このエクササイズのポイント≫

『腰→もも→膝→足の甲のラインがまっすぐに繋がるイメージをもつ!』


——————————————————————————

地味なエクササイズは体感しづらい場合もあるので、分からないことはスタジオで

お尋ねください♪

—————————————————————————–

*BODY MOTIONでは「体コラム」と「和美ごはん」をメールマガジンにて配信しております。
(月2回)ご購読をご希望の方は、こちらからどうぞ。
http://body-motion.net/mail_mag-2


※【体コラム】これまでのバックナンバーはこちらをご覧ください。
⇒⇒http://body-motion.net/body-column/


■最後までお付き合いをいただき、ありがとうございました。

(BODY MOTION メルマガ2016.09.26号より)

コメントは受け付けていません。