BODY MOTION        TEL: 080-6804-3955
東急田園都市線 世田谷 池尻大橋 三軒茶屋
住所:〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-26-1

【体コラム】vol.38~細くて長いレッグラインを作るには?【その3】~


※このコラムは、以前メールマガジンでお伝えしたものを、バックナンバーとして
転載しております。

これまでの「体コラム」の一覧は、こちらをご覧ください。

こんにちは。

プライベートな体づくりを行う「BODY MOTION」主宰の和美です。

今年の冬は急な寒暖差が厳しく、体調を崩されている方も多いようですが、

皆さまお元気でお過ごしでしょうか。


さて、ここまで3回に渡って連続企画でお届けしてきた「細くて長い脚づくり」

は、今回が最終編です。

◆・・・・・

「立ち姿」が美しくなった次は・・・。

◆・・・・・

まず1回目は脚のレッグラインを整え、2回目は、美しく長い脚で立つために、

コアの筋肉を引き上げ、重心を高くするエクササイズをお届けいたしました。


【その1】“脚のインナーマッスル引き伸ばしEX”【準備編】
http://body-motion.net/body-colum_36

【その2】“コアの引き上げ(ルルベアップ)EX”【立姿編】
http://body-motion.net/body-colum_37


そして、今回は美しい立ち姿から、更に一歩進んで、「美しく長い脚で歩く!」

ためのエクササイズにチャレンジしたいと思います。

◆・・・・・

美しく長い脚で歩くポイントは?

◆・・・・・

実は、美しく長い脚で歩く為のポイントについては、このメールマガジンでも

以前ご紹介しました。

皆さま、覚えていらっしゃるでしょうか??

脚を長く見せるためのポイント。


それは、、、



…(Thinking timeです…)

ハイ、

「腰から脚だと思って歩く!」です。


脚の外側、前側の筋肉を出来るだけリラックスさせて、体の「腰」と「内腿」を

つなぐインナーマッスル「大腰筋」を発揮して歩くことで、スラリと長い脚で

歩くことが可能になります。

以前ご紹介したエクササイズでは、この大腰筋を目覚めさせるために、他の筋肉を

リラックスさせることを行いました。

「体コラムNo.12 超簡単☆“脚ぶらぶら”エクササイズ」
http://body-motion.net/body-colum_12


そこで!

本日は、この大腰筋を意識して、実際に「歩く」ためのエクササイズに挑戦

いたします。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

エクササイズ紹介:細くて長い脚で歩くために!
 【歩く編】“(ルルべUP)腰-内腿ウォーキングEX”

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

【準備:壁か机などに片手を添え、前に歩けるスペースを確保して立ちます。】


■前回ご紹介した、ルルベUP(踵を上げて重心を高くした姿勢)から始めます!

【前回までのおさらい】
1)準備の姿勢で息を吸って吐きながら、1.脚の裏で床を押し、2.つむじが
上に伸びるイメージを持ち、3.お腹を軽く細めます。
※胸と肩はリラックスしましょう。2-3呼吸続けて。

2) そのままの呼吸を続け、足の裏が粘着テープで床についているとイメージ
してください。つむじが上に引っ張られて背伸びをしようとしますが、足が
しっかりと床についているので踵が上がりません。
※息を吐きながらお腹を細めて、背骨がどんどん上に伸びるイメージをして
ください。

3)2)のイメージをもったまま、粘着テープから足の裏を剥がすように、
じんわりと踵を浮かせます。

4)体が一番細長い状態をイメージして踵を上げきったら、足の指で床を突き
指すようにして立ちます(バレエでいう“ルルベUP”の姿勢)。

【今回は、ここから!】
<レベル1>
5)そのまま、腰から片脚を前に出すつもりで歩きます。
(踵を持ち上げた”ルルベUP”のまま。「竹馬」に乗って歩くイメージ!)
<レベル2>
6)1本のラインの上を歩くように、腰-内腿を前に出すようにして歩きます。
(同じように「竹馬」のイメージで。お腹を細めて、肩はリラックスして
ください。)

※5)または6)のイメージで歩き、慣れたら手を離して歩いてみましょう。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

→→「お疲れ様でした!!」

いかがでしたでしょうか?

お腹を引き上げて腰から歩こうとすると、はじめは肩が持ち上がってしまうかも

しれません。

まずは、コアの引き上げと、「腰から脚」のイメージを体にしみこませることが

大切です。それが出来たら、肩の力を抜いて呼吸が楽にできるようチャレンジ

してみてくださいね。


≪このエクササイズのポイント≫

『お腹を細めて、「竹馬」に乗っているイメージで腰から歩く!』


——————————————————————————
女性の方は、ハイヒールの時にこのイメージをすると、相当キツイエクササイズに
なりますので、是非お試しください(笑)。
—————————————————————————–

*BODY MOTIONでは「体コラム」と「和美ごはん」をメールマガジンにて配信しております。
(月2回)ご購読をご希望の方は、こちらからどうぞ。
http://body-motion.net/mail_mag-2


※【体コラム】これまでのバックナンバーはこちらをご覧ください。
⇒⇒http://body-motion.net/body-column/


■最後までお付き合いをいただき、ありがとうございました。

(BODY MOTION メルマガ2016.11.24号より)


コメントは受け付けていません。