BODY MOTION        TEL: 080-6804-3955
東急田園都市線 世田谷 池尻大橋 三軒茶屋
住所:〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-26-1

【体コラム】vol.42~体の重心が、脚のラインを決める?!~


※このコラムは、以前メールマガジンでお伝えしたものを、バックナンバーとして
転載しております。

これまでの「体コラム」の一覧は、こちらをご覧ください。

こんにちは。

プライベートな体づくりを行う「BODY MOTION」主宰の和美です。

いよいよ東京も桜が開花し、春らしくなって参りました。

春になると、女性は久しぶりにスカートをはいてみたり、男性もハーフパンツ

になってみたりと服装も軽やかになってきます。

◆・・・・・

軽やかなファッションで気になるところ。

◆・・・・・

さて、そんな軽やかなファッションになったときに、

「あら、大変!」

と、気になるところ。

足首、二の腕、いろいろと気になる部分はあるでしょうが、“レッグライン”も

その一つではないでしょうか?

とくに、O脚や、外側のふくらはぎのハリなどは、短いパンツやスカートでは

隠すことができません。


◆・・・・・

そもそも、なんでO脚になるの?

◆・・・・・

特に、気づいた時にはもう、治らないもの…として諦めがちなのが、O脚の悩み。

なんとか膝を閉じようと、内腿トレーニングに励んだという方もいらっしゃるの

ではないでしょうか。

でも、内腿の筋力アップは、ずっと継続できるのであれば効果がありますが、

脚がO脚に開いてしまう根本原因を解決しないことには、一生筋力トレーニングを

し続けなければ、なりません。

では、根本原因はどこから来るのかというと、、、。

その多くは、普段の「体の重心」に原因があります。

◆・・・・・

体の重心が、スタイル(骨格)を作る。

◆・・・・・

この、重心とは体のスタイル(骨格)を作るすべての原因とも言えるポイントなので

語り尽くせない部分があるのですが、簡単にいうと、普段の重心が、1)前もも、

2)丹田(下腹)、3)お尻、にあるのかで、脚のラインが変わってきます。


まず、1)は、いわゆる「でっ尻」タイプ。この場合は、前ももが硬く張り出しやすいのが

特徴です。ただ、スタジオではよく、「私、昔でっ尻だと言われて…」という方が

いらっしゃいますが、実際にでっ尻である方はまれです。

それに対し、2)は、いわゆる理想型になるのですが、こちらもほとんどいらっしゃいません。


一番多いのは、3)のお尻(体の後ろ側)に重心があるタイプです。

お尻が硬くコチコチになっている方、お尻の両脇や、お尻の下にペコっと凹んだように

筋肉の硬直があるかたは、体の後ろ側でバランスをとっている可能性があります。

そのような状態になると、本来、丹田を中心にひとつにまとまっているはずの重心が

2つに分かれ、やがてそれが外に流れ…

気づいた時には、脚のラインがO脚に。

そして、外側に逃げた力が、将来的に膝や足首に負担をかけるということも、少なく

ありません。


そこで!

本日は、体の外&後ろに流れた重心を中心に集め、不必要なお尻の緊張をとる「O脚改善」

エクササイズをご紹介いたします。


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

O脚、外もものハリの解消に♪
脚のラインを整え内腿に力をつける「ショルダーブリッジ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

【準備:膝に挟むようのフェイスタオルを準備します。】

1)仰向けに寝て両膝を90度弱に折り曲げ、膝の間に厚さ4-5cmに折りたたんだタオルを
挟みます。
※足幅は内腿に力が入る程度に数センチあけます。

2) 息を吐いてお腹を細めながらタオルを挟み、そのままお尻を持ち上げます。
※この時、お尻は硬くならないようリラックスして、タオルを挟んだ膝を遠くに差し
出します。

3)そのまま、お腹を細めて膝を遠くに差しだしながら、背骨を上から順に床に下して
いきます。
※この時、お尻はリラックスしたまま高い位置をキープし、内腿を伸ばすイメージを
保ちましょう。

4)しっかりと膝を閉じたまま、丁寧に最初のポジションまで下ろします。

※お尻の重さを感じるようリラックスしながら、おへそを凹ませて、2-3回繰り返します。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

→→以上です。

「お疲れ様でした!!」


いかがでしたでしょうか?

普段、お尻で重心をとっている方は、このエクササイズをすると自動的にお尻にスイッチが

入ってしまうので、「お尻のリラックス」が分かりにくいかもしれません。

その際は、一度持ち上げた状態でお尻を揺らし、リラックスした状態を確認してから内腿を

遠くに伸ばしてください。(この時、お腹を細めるのをお忘れなく。)

徐々に内腿やお腹に力が入るようになり、体の中心に力が集まるようになりますよ。


≪このエクササイズのポイント≫

『お腹を細めながら、膝を閉じて遠くに伸ばす!(お尻は高い位置をキープ!!)』


——————————————————————————
脚のライン改善だけでなく、お腹を引き上げて、ぽっこり下腹を解消するにもおすすめです。

—————————————————————————–

*BODY MOTIONでは「体コラム」と「和美ごはん」をメールマガジンにて配信しております。
(月2回)ご購読をご希望の方は、こちらからどうぞ。
http://body-motion.net/mail_mag-2


※【体コラム】これまでのバックナンバーはこちらをご覧ください。
⇒⇒http://body-motion.net/body-column/


■最後までお付き合いをいただき、ありがとうございました。

(BODY MOTION メルマガ2017.03.24号より)

コメントは受け付けていません。