BODY MOTION        TEL: 080-6804-3955
東急田園都市線 世田谷 池尻大橋 三軒茶屋
住所:〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-26-1

【和美ごはんvol.8】“そうめん”をパスタ風に♪『ナスとオクラのボロネーゼ風そうめん』


※このコラムは、以前メールマガジンでお伝えしたものを、バックナンバーとして
転載しております。

これまで掲載した『和美(なごみ)ごはん』のメニュー一覧はこちらをご覧ください。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今月は、“そうめん”をパスタ風に♪『ナスとオクラのボロネーゼ風そうめん』です。      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
ボロネーゼ風そうめん

本日は、これから来る夏の暑さに負けないために、そうめんと夏野菜をパスタ風にアレンジ
した簡単レシピをご紹介致します。

≪このレシピのお薦めポイント≫

☆ひき肉を使ったボロネーゼ風ソースをかけることで、主食を麺類にした時に起こり
やすいビタミンやタンパク質不足を補い、スタミナをUP!
更に、オクラやナスという「夏野菜」を使って、季節に合わせて体を整えましょう。

——————————————————
『ナスとオクラのボロネーゼ風そうめん』
——————————————————

※材料(2名分) 

そうめん(乾) 200g

鶏ひき肉  150g
酒     大さじ1杯

☆ナス    1本
☆オクラ   4本
☆しめじ   1/2パック
 
☆しょうが  1かけ 

ごま油   大さじ1杯
片栗粉   小さじ1杯

麺つゆ(3倍濃縮) 大さじ1杯
水     100cc

焼き海苔    4枚
食塩    少々 (+麺をゆでる用 大さじ1杯)
こしょう  少々

(1人前:588 Kcal / 蛋白質 26.3g 脂質 16.0g)

——————————————————–

≪ナスとオクラのボロネーゼ風そうめん≫ の作り方 

★ボロネーゼ風ソース★

1.鶏ひき肉に、酒、塩(ひとつまみ)、こしょうを揉み込んで下味をつける。

2.洗った☆の野菜を切る。

<ナス>タテ半分に切ったものを更に半分にし、1cm厚に切る。

<オクラ>ヘタの部分を切り落とし、タテ半分に切ったら5mm厚に切る。

<しめじ>軸の部分を切り落とし、長さ1cmに切る。

<しょうが>皮を剥いて、すりおろす。

3.鍋にごま油を敷き、(1)のひき肉をバラして炒める。

4.(3)に火が通ったら、オクラ、ナス、しめじの順に加えて炒める。

5.(4)に水100ccと麺つゆを加え、沸騰したら水溶き片栗粉を加える。

6.卸ししょうがを加え、塩、こしょうで味を調える。


★そうめん★

7.塩大さじ1杯を入れた、約1Lのお湯で、そうめんをゆでる。
(ゆで時間は市販品の説明を参照してください。)

※ゆでる時の食塩の量は、そうめんの塩分によって加減してください。


8.ゆであがった麺を水でよく洗い、器に盛り付ける。


★仕上げ★

9.(8)の麺の上に(6)のボロネーゼ風ソースをかけ、ちぎった海苔を飾る。


⇒出来上がり!!


——————————————————————
◇ナスは、栄養がないって本当?
————————————————————————

「夏野菜」の中では定番の“ナス”ですが、このナスは実は栄養がないという噂が
あるようです…。それは、本当なのでしょうか?


◆ナスは、水分が約95%!
——————————————————————–

ナスの栄養成分を調べると、その水分量はなんと90%以上。このため、「ナスは
ほとんどが水分だから、栄養がない。」と判断されるのも、無理がないのかも
しれません。

しかし、もう少しよく見てみると、ナスには血圧を正常に保つ働きを持つカリウム、
糖質や脂質の代謝に必要なビタミンB1、B2、豊富な食物繊維が含まれています。

また、ナスには、ナス特有のポリフェノール成分(抗酸化物質)「ナスニン」が
含まれ、これは紫外線によるシミ、ソバカスやストレスに対しても有効です。


◆ナスの栄養を、別の角度から見てみると、、、
——————————————————————–

確かに栄養成分的にみると、ナスに含まれている栄養素は、何かがとびぬけて多い
ということはありません。

でも、ちょっと見方を変えてみると、、、、。

ナスには「暑い夏」に必要な「水分」や「抗酸化物質」が含まれ、また東洋医学的に
みると「体を冷やす性質」があるとも言われています。


「夏野菜」のナスは、やっぱり、夏の体に合った性質をもっていると言えるのでは
ないでしょうか?


これからの季節、ナスを上手にお料理にとりいれて、是非食卓でお楽しみください♪

——————————————————————
 
それでは、皆様がお食事を「おいしい。」と感じられる時が、どうぞたくさん
訪れますように。


<和美ごはん メールマガジン 2014年7月号より> 


*「和美ごはん」のコンセプトは、こちらをご覧ください。
http://body-motion.net/nagomi-gohan_01/

*これまで掲載した「メニュー一覧」は、こちらをご覧ください。
http://body-motion.net/nagomi-gohan_00/

コメントは受け付けていません。