BODY MOTION        TEL: 080-6804-3955
東急田園都市線 世田谷 池尻大橋 三軒茶屋
住所:〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-26-1

【和美ごはんvol.27】炊飯器で作るヘルシープリン『甘酒豆乳プリン』♪


このコラムは、以前メールマガジンでお伝えしたものを、バックナンバーとして
転載しております。

これまで掲載した『和美(なごみ)ごはん』のメニュー一覧はこちらをご覧ください。


本日は、甘酒と豆乳を使い炊飯器で作る、「甘酒豆乳プリン」をご紹介致します。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
炊飯器で作るヘルシープリン『甘酒豆乳プリン』♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
amazake-tounyupurin

≪このレシピのお薦めポイント≫

☆ ひとり分、約120kcalのヘルシーなおやつです。

☆ 砂糖不使用!

☆ 炊飯器で失敗なく作れます。

※甘酒のおすすめポイントは、以前のコラムもご参照くださいね。
http://body-motion.net/nagomi-gohan_02/

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

炊飯器で作るヘルシープリン『甘酒豆乳プリン』♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
※材料(ココット型2個分) 

≪甘酒豆乳プリン≫

豆乳     50g
甘酒     50g +小さじ2杯×2名分のソース用
卵      2個

シナモン   少々

(1人分 :116 Kcal / 蛋白質7.7g 脂質5.7g)

——————————————————–
★作り方★ 

1.熱湯(500ml程度)を沸かす。

2.卵をよく溶きほぐす。

3.豆乳と甘酒(ソース分除く)を合わせ、(2)をザルで濾しいれる。

4.(3)を混ぜて器に分けて入れる。

5.炊飯器の底に、かたく絞った布巾を敷き、器の半分程度の高さまで熱湯を
入れる。

6.(5)に器を並べる。

7.炊飯器で蒸す。

☆【通常炊飯】5分→【保温】30分→【再加熱】5分→【保温】30分

8.炊飯器のフタを開けて固まっていたら粗熱をとり、冷蔵庫で冷やす。

9.(8)にソース用の甘酒と、シナモンをかける。

⇒出来上がり!!
——————————————————————–

「豆乳/牛乳」コラム:豆乳と牛乳はどちらがよいの?

——————————————————————–
ヘルシー志向のレシピでは、牛乳を豆乳に置きかえたものを目にすることが
ありますが、牛乳と豆乳ではどちらを使用するのがよいのでしょうか。
その答えを探るため、今回は豆乳と牛乳の主な栄養成分(100gあたり)を
比較してみました。

【豆乳(調整豆乳)】
エネルギー64kcal たんぱく質3.2g  脂質3.6g カルシウム 31g 鉄分1.2g 

【牛乳】
エネルギー67kcal たんぱく質3.3g  脂質3.8g カルシウム 110g 鉄分Tr
※Tr:微量

こうして並べてみると、基本的な栄養素であるエネルギー(カロリー)、
タンパク質、脂質量はほぼ横並びです。一方、大きく異なるのは、カルシウム
と鉄分。どちらも国の栄養調査で摂取不足が指摘されている大切なミネラルで、
カルシウムの不足は骨粗鬆症などに、鉄分の不足は貧血などに繋がる可能性が
あります。
この点から考えると、「骨や歯を強くしたい」という方は、カルシウムの
多い豆乳を、「貧血を改善したい」という方は、鉄分の多い牛乳を積極的に
とると良いでしょう。
ただし、骨、歯、血液は、どれも私たちの体をつくる基本要素です。
乳製品、大豆製品のどちらかに偏ることのないようご注意くださいね。

——————————————————————–

番外:和美ごはんで豆乳レシピをご紹介する理由

——————————————————————–
管理栄養士としてお仕事をしていると、
「牛乳よりも豆乳の方がよいのですか?」
と質問を受けることがあります。
また、豆乳はなんとなくヘルシーなイメージがありますが、上記コラムからも
分かる通りエネルギー(カロリー)は牛乳とほぼ同じです。

では、なぜ和美ごはんで豆乳レシピをご紹介するかといういうと、和美ごはんは
「調和」の視点を大切にしているから。

厚生労働省発表の健康日本21では、豆類の目標摂取量を1日100gと定めていますが、
実際40代までの若い世代では1日46-60gの摂取であることが報告されています。
またその分、肉類の摂取量が増えているのが現状です。
和美ごはんでは、普段、動物性の食品に偏りがちな食卓に植物性食品をとり入れ、
動植物の調和を取り戻すきっかけができれば…という想いで、豆乳レシピを
ご紹介しております。

———————————————————————
それでは、皆様がお食事を「おいしい。」と感じられる時が、どうぞたくさん
訪れますように。

<和美ごはん メールマガジン 2016年3月号より>

*BODY MOTIONでは「和美ごはん」と「体コラム」をメールマガジンにて配信しております。
(月2回)ご購読をご希望の方は、こちらからどうぞ。
http://body-motion.net/mail_mag-2

*「和美ごはん」のコンセプトは、こちらをご覧ください。
http://body-motion.net/nagomi-gohan_01/

*これまで掲載した「メニュー一覧」は、こちらをご覧ください。
http://body-motion.net/nagomi-gohan_00/


今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントは受け付けていません。