BODY MOTION        TEL: 080-6804-3955
東急田園都市線 世田谷 池尻大橋 三軒茶屋
住所:〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-26-1

【和美ごはんvol.43】夏バテ改善レシピ!「うなぎと卵のスタミナ素麺」


※このコラムは、以前メールマガジンでお伝えしたものを、バックナンバーとして
転載しております。

これまで掲載した『和美(なごみ)ごはん』のメニュー一覧はこちらをご覧ください。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
レシピ:夏バテ改善レシピ!
  「うなぎと卵のスタミナ素麺」☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


前回は夏の水分補給におすすめの、デトックスウォーターをご紹介いたしました。

今回は、それに引き続き、お食事の夏バテ対策メニューをご紹介いたします。


≪このレシピのお薦めポイント≫

☆ 糖質の代謝を促すビタミンB1とたんぱく質が豊富なウナギと卵をプラス!

☆ 疲労回復効果のあるネバネバ成分(ムチン)を含むオクラをプラス!

☆ 糖質に栄養が偏りがちな夏の、スタミナ改善メニューです。


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

レシピ:夏バテ改善レシピ!
  「うなぎと卵のスタミナ素麺」☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
※材料(2名分) 

≪うなぎと卵のスタミナ素麺≫
        
・素麺            200g
・めんつゆ(ストレートタイプ)150cc        
・ごま油           小さじ1杯
・すりごま          小さじ2杯

☆うなぎの蒲焼       約100g(1パック)
☆卵            1個
☆オクラ          4本
☆きゅうり         1本
☆みょうが       1個
        
(1名分 : 618Kcal /蛋白質27.0g 脂質17.9g)

——————————————————–
≪うなぎと卵のスタミナ素麺≫
★作り方★ 

1.☆の食材の下準備をする。
☆うなぎ…レンジまたは湯煎で温めて、一口大に切る。
☆卵…半熟にゆでて(沸騰後4分)、殻を除き半分に切る。
☆オクラ…塩ゆでし、輪切りにする。
☆きゅうり…千切りにする。
☆みょうが…千切りにする。

2.素麺をたっぷりのお湯でゆで、冷水でもみ洗いし、水をきる。

3.2)の上に1)の☆具材をのせ、うなぎに付属のタレをかけたら、最後に上から
ごま油と小さじ1杯のすりごまをかける。

4. 麺つゆを器に準備する(別盛り)。

⇒出来上がり!


——————————————————————–

「タイプ別夏バテ対策」コラム

——————————————————————–
「夏にはウナギ!」というのが夏バテ対策の定番となりつつある今日この頃ですが、
本当にどんな人も、ウナギを食べれば元気が出るのでしょうか?

夏の過ごし方も多様性を増してきた現代の私たち。夏バテの原因もいろいろです。

そこで、

今回は夏バテをタイプ別に分けて、お食事の改善策をご紹介いたします。
ご自分の夏バテタイプに合わせて、不足しがちな食材を食事で補ってみてくださいね。


1)糖質偏りタイプ
———————————————————————
夏に食欲がなく、つい麺類やパンなどの糖質に偏って起きる夏バテが、このタイプ
です。
食事が糖質に偏ると、食べた糖質をエネルギーに変えるためのビタミンB1が不足
しがちです。ビタミンB1は主にたんぱく質源の豚肉や卵、レバー、ウナギなどに
多く含まれるため、それらが不足した食生活では代謝が滞って疲れを感じやすく
なります。
また、ビタミンB1は筋肉に溜まった疲労物質の乳酸を分解する働きもあるため、
「体が重い、ダルイ」という症状を感じる方は、このタイプかもしれません。

☆おすすめプラス食材
豚肉、卵、レバー、ウナギ、豆腐など


2)食べ過ぎタイプ
———————————————————————
夏は人と会って会食をしたり、美味しいビールを飲む機会も多いという方の疲れは、
もしかすると夏バテというよりは、「胃疲れ」が原因かもしれません。

このような時、「夏バテにならないように、しっかり3食食べなければ!」と、
無理して栄養をとったりしてはいませんか?
夜遅くまでたっぷり食べた翌日は、無理して朝食をとらずに、水分をしっかりと
補給して胃を休めてあげることも必要です。
会食の時は食べたいものを食べ、それ以外の時は脂肪の少ないお肉やお魚、そして
野菜や果物を十分に補い、1日のトータルでバランスを摂ることを心がけてみて
ください。

☆おすすめプラス食材
水分、酸味の少ない果物、低脂肪のお肉、魚、豆腐など


3)貧血タイプ
———————————————————————
夏バテで食事量が著しく低下した場合などに、貧血で調子を崩してしまうのが、この
タイプです。

私たちの体では血中のヘモグロビンという物質によって、酸素を全身に運んでいます。
その、ヘモグロビンの原料になる鉄やたんぱく質が不足すると貧血となり、疲れを
感じやすくなったり、めまいを生じることがあります。
貧血を改善するには、1)の糖質偏りタイプと同じく、たんぱく源の食事(特に
赤身のお肉や魚、レバーや貝類など)で鉄分を積極的にとる他、鉄の吸収を助ける
野菜や果物などのビタミンCを補うのがおすすめです!

☆おすすめプラス食材
赤身のお肉、魚、色の濃い野菜、果物など

———————————————————————
いかがでしたでしょうか?

自分の疲れのタイプに合った食事を補うことで、体の中から「美味しい!」と感じ

られる夏バテ改善食がみつかりますように。


「ウナギを食べてもいまいちシャキっとしない」という方は、2)3)のタイプに

当てはまっていないかも、是非一度ご確認ください♪


———————————————————————
<和美ごはん メールマガジン 2017年8月号より>

*BODY MOTIONでは「和美ごはん」と「体コラム」をメールマガジンにて配信しております。
(月2回)ご購読をご希望の方は、こちらからどうぞ。
http://body-motion.net/mail_mag-2

*「和美ごはん」のコンセプトは、こちらをご覧ください。
http://body-motion.net/nagomi-gohan_01/

*これまで掲載した「メニュー一覧」は、こちらをご覧ください。
http://body-motion.net/nagomi-gohan_00/

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントは受け付けていません。